開発調査センターの主要業務へClick
沖合底びき網漁業とは

沖合底びき網漁業には「1そうびき(かけまわし)」,「1そうびき(オッタートロール)」及び「2そうびき」の3種類の漁法があります。

沖合底びき網漁業の漁船隻数は平成24年8月1日現在366隻,平成23年の漁獲量は約31万5千トンで,我が国海面漁業の漁獲量の約 8% を占める重要な漁業です。

ここでは,そのうちの「1そうびき(かけまわし)」と「2そうびき」について説明します。

============================

「沖合底びき網1そうびき(かけまわし)」は,漁船から伸ばしたひきづなに連結した袋状の漁網を曳航する漁業で,ひきづな・漁網・ひきづなの順にひし形に海に投入した後,二本のひきづなを漁船に固定して曳航します。 主に,海底付近に生息している魚類や甲殻類(カレイ類,ズワイガニ,エビ類)などを漁獲します。
漁船規模は 15トン〜160トンで,乗組員は 5〜20人程度です。




「沖合底びき網1そうびき(かけまわし)」の代表的な例:↓

<日本海西部>
「沖合底びき網1そうびき(かけまわし)」95トン
根拠地:鳥取県,兵庫県
対象物:カレイ類,ハタハタ,ズワイガニ等

<北海道>
「沖合底びき網1そうびき(かけまわし)」160トン
根拠地:小樽,釧路等
対象物:スケトウダラ,ホッケ等

============================

「沖合底びき網2そうびき」は,1つの漁網を2隻の漁船が一定の間隔を開けて並んで曳航する漁法です。 主に,タイ類,カレイ類,アンコウ,アカムツなどの魚類を漁獲します。
漁船規模は 50トン〜125トンで,乗組員は 10人程度です。




「沖合底びき網2そうびき」の代表的な例:↓

<日本海西部>
沖合底びき網2そうびき 75トン
根拠地:山口県,島根県等
対象物:タイ類,カレイ類等

============================

【H23年資料】
沖合底びき網漁業は,我が国海面漁業のうち,漁獲量で約8%を占めています。
隻 数漁獲量(百トン) 漁獲金額(百万円)
沖合底びき網1そうびき-2,850-
沖合底びき網2そうびき-305-
沖合底びき網漁業合計366*3,155-
沖合底びき網漁業の割合-8.3%-
海面漁業合計-38,231939,435
資料:農林水産省「平成23年漁業・養殖業生産統計」ほかより開発調査センター作成
(*隻数は平成24年8月1日現在 水産庁資料)


★↑ 平成19年以降,海面漁業の『漁業種類別生産額(漁獲金額)』については,
統計事業の見直しにより取りまとめが廃止されたため,合計金額のみを記載した。
また『漁労体数(統)』については,一部漁業種類(大型定置網,沿岸まぐろはえ縄,
沿岸かつお一本釣,ひき縄釣)を除き取りまとめが廃止された。★