出口に向けた水産総合研究 〜豊後水道域のタチウオひきなわ漁業を例として〜

HOME沿岸域における漁船漁業ビジネスモデル研究会研究大会 ・ シンポジウム > 出口に向けた水産総合研究
水産海洋学会研究発表大会サテライトシンポジウム・地域研究集会    

出口に向けた水産総合研究
〜豊後水道域のタチウオひきなわ漁業を例として〜    開催報告      


     

    2011年に設立した沿岸域における漁船漁業ビジネスモデル研究会では,新たなビジネスモデル構築の第1弾として,西日本で広く行われている
   タチウオひきなわ漁業を取り上げました。大分県臼杵をモデル地区として実施した実証調査では,「資源の持続的利用方法の開発」,「新たな操業
   方法の開発」,「漁獲物の価値向上」を3本柱とし,「利益の増大」と「経営の安定化」を目指しました。この調査は2013年度に終了しましたが,これま
   でに多くの機関が参画し,それぞれに成果を上げたと考えます。
   
    そこで,個々の成果を報告するとともに,これらを統合したビジネスモデルを提示し,さらに残された問題点等について検討することとし,平成26年
   11月17日に横浜市の中央水産研究所にて本シンポジウムを開催しました。
   

      当シンポジウムの詳細は2月25日発行の研究会ニュースレター第16号に掲載しております。









            詳細はこちら →  講演要旨集 
    

                         会場の様子