「小型機船底びき網漁業」とは

 

【法律上の定義】(漁業法第66条第1項)

 総トン数15トン未満の動力漁船により底びき網を使用して行う漁業(法定知事許可漁業)

 

【法律上の小分類】(小型機船底びき網漁業取締規則第1条)

(1)手繰第一種漁業(網口開口装置を有しない網具を使用して行う手繰漁業)

(2)手繰第二種漁業(ビームを有する網具を使用して行う手繰漁業)

(3)手繰第三種漁業(桁を有する網具を使用して行う手繰漁業)

(4)打瀬漁業

(5)その他の小型機船底びき網漁業(前各号に掲げるもの以外の小型機船底びき網漁業)

(地方名称を附する必要がある場合には,都道府県知事が指定する名称による)

 

【統計上の小分類】(漁業・養殖業生産統計:ただし平成19年以降は統合)

(1)縦びき1種(内容例:かけまわし,2そうびき,板びき網)

 手繰第一種漁業,及び,その他の小型機船底びき網漁業のうち網口開口板を使用するもの

 (越智注:要するに,網口開口装置を全く使用しないか,または,開口板を使用するもの)

(2)縦びきその他(内容例:えびこぎ網,戦車こぎ網,けた網(貝、えび等),まんが)

 手繰第二種漁業,及び,手繰第三種漁業

 (越智注:要するに,網口開口装置としてビームまたは桁を使用するもの)

(3)横びき

 打瀬漁業

 

【漁業の規模】(平成18年度漁業・養殖業生産統計年報)

 

漁労

体数

漁獲量

(トン)

主たる都道府県

縦びき1

2,307

48,018

兵庫,徳島,和歌山,新潟,石川など23府県

縦びきその他

13,116

364,777

北海道,兵庫,長崎,愛媛,山口など34道府県

横びき

129

259

熊本,北海道,鹿児島の3道県のみ

小底合計

15,552

413,054

37道府県

全漁業種合計

271,861

4,469,531