小泉光彦 著 【海の恵みと生きる~地域水産業の再生をめざして~】


HOME沿岸域における漁船漁業ビジネスモデル研究会 > ビジネスモデル情報BOX > 海の恵みと生きる
この本の著者である小泉光彦さんは,常磐・鹿島灘海域の沖合で小型底びき網漁業にたずさわる漁業者です。
この『海の恵みと生きる~地域水産業の再生をめざして~』は,小泉さんが地場産業の発展と地域の活性化,
そして魚と市民の熱い交流と理解を求めて,1980年代から現在まで取り組んでこられた歩みをまとめたものです。 

表紙および目次 (pdfファイル: 100KB)
まえがき (pdfファイル: 136KB)
1. カモメになりたかった (自己紹介を兼ねて)(pdfファイル: 2,395KB)
2. 漁業発展への模索と研究 (pdfファイル: 2,362 KB)
3. 地域に根ざす水産業へ (pdfファイル: 1,375KB)
4. 子供たちと学ぶ (pdfファイル: 390KB)
5. グローバルスタンダードに思う (pdfファイル: 586KB)
あとがき (pdfファイル: 140KB)
著者略歴 (pdfファイル: 70KB)
奥付・裏表紙等 (pdfファイル: 53KB)



沿岸域における漁船漁業ビジネスモデル研究会のページへ