ブリ優良人工種苗周年供給システムの構築


海洋水産資源開発事業(ブリ優良人工種苗周年供給システムの構築)のうち、種苗供給プログラム
事業目的
海外マーケットへの周年出荷に向けてニーズが高まっているブリ人工種苗の周年供給システムを構築することにより、養殖ブリの生産および供給の安定化、国際競争力の強化を図ります。


事業内容
養殖ブリの周年出荷に向けた人工種苗のニーズ、課題等を明らかにするため、ブリの種苗生産や、人工種苗を用いた養殖への取り組みを希望する種苗生産機関・養殖業者(以下「養殖業者等」という。)に対して、①ニーズ(購入希望)調査を実施するとともに、②養殖業者等が自ら立案した事業計画に基づき、ブリの受精卵又は人工種苗(以下「人工種苗等」という。)を有償で供給します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
① 購入希望調査(人工種苗等の販売に係る企画競争への参加表明を兼ねる)
 人工種苗等のニーズを把握するため、国内で事業を行う養殖業者等を対象として、時期別に購入を希望する数量を調査します。なお、本調査への参加が、②の人工種苗等の販売に係る企画競争への参加要件となりますので、人工種苗等の購入を希望される方は必ずご参加ください。

・調査期間は平成30年12月1日~平成31年2月28日としますが、購入希望者は出来るだけ速やかに提出して下さい。
・提出先:〒220-6115 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワー B棟15階
 国立研究開発法人 水産研究・教育機構 開発調査センター 大河内裕之 または、小田憲太朗まで。

 Fax (045-227-2705) または、メール添付 (buri-kounyu@ml.affrc.go.jp) でも受け付けます。


種苗供給プログラム実施手順(PDF)

購入希望調査




 
人工種苗等(受精卵、人工種苗)の販売

養殖業者等に対して受精卵、人工種苗を様々な時期に供給し、養殖ブリの周年出荷に向けた人工種苗のニーズ、課題等を明らかにします。購入を希望する方には、希望購入価格と事業計画を一式として入札する「企画競争」に参加していただき、公示する方法により落札者を決定させていただきます。


人工種苗等の販売(準備中)



 





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・詳しいことをお聞きになりたい方は、下記までお問合せください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・開発調査センター 大河内、小田
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・TEL 045-227-2724